行動規範

日があいた。

 

■できることをやる

初めてふるさと納税をした。納税先は岩手県住田町。ケセンが開催される地。

ふるさと納税、返礼品をアテにする選び方は好きじゃないから土地に愛着があるとか応援してる自治体にしか納税したくない、というスタンス。かといって出身地はお金持ってる自治体なのでそれ以外で。陸前高田、大船渡もいつか、と思ってるのでまだ納税額に余裕あるしもう少ししたら申し込もうかな。

友人とかちょっとした知り合いは、これが欲しい食べたいと言って選ぶようで気にくわないけどそれはそれ。自分の価値観を押し付ける気はないし彼女たちが何を選ぼうが私には関係ないのである…と過干渉を控えフーンで済ませる、、という考え方がとても楽。怒るのも疲れるし、私の正義は私のもの。ただ人の道理を踏み外しそうになるならそれは止めるけど、あとは好きに生きてくれ。

そのふるさと納税、復興支援とか街のために少しでも役立ちたい、と思ってやってる。少し前、西日本豪雨のために募金をした。その時は、これぐらいしか私にはできないから、という気持ちだった。

でもふと、「これぐらいしかできないから、じゃない。私はできることをやる。できないことはやらない。」というようなツイートを見てハッとした。

離れて生活をする私にとってその地に赴くことは簡単じゃないし日常を守って生きていく必要がある。普段の生活をするという責任を持ちつつできること=募金をしてる。これぐらい、なんて謙遜する必要ないよな、私はできることをやってるし誇っていい。くらいには思うようになった。

だから私はできることをやってる。できないことはやらない。

 

とはいえ、住田町の返礼品、鶏ハラミが楽しみだ。ケセンに戻りたい。

 

■そんなこともある

急ピッチで進めていた仕事が白紙になってしまった。その仕事をくれた営業さんは結構めちゃくちゃなスケジュールを組む人で、この前も同僚と「なんだかなあ〜」「スケジュール調整も営業の仕事のはずだよね〜」と話していた。

でも私の会社はいわば下請けの会社なので、営業さんが取ってきた仕事もそれがなくなってしまったことも依頼先が最終判断をしたこと。

力不足ですみません、というメールをもらったけど「◯◯さんもお疲れ様です」という言葉をどこかで伝えられるといいなと思っている。

その営業さん、仕事では、ちょっと…みたいな感じだけど悪い人ではないし嫌いじゃない。最近、「こういうとこイマイチだけど人として全体的に見ると嫌いじゃない」っていう人にも温かい目で接せられるようになってきた気がする。というか慣れただけなのかな。大人の階段登ってる〜〜。

 

■信念

ELLEGARDENのチケットはとうとう手に入らなかった。音漏れを聞きにいく、という手も考えたのだが、10年前もチケットが取りにくいバンドだったしとりあえず活動を再開したという事実が大事なので家でじっとしていた。

ていうか自分の手でチケットを手に入れて自分の目で彼らを見ながら音を聞かないと何の意味もない。音漏れ参加は私の行動規範に反する。

彼らの生音を聞く時は自分でチケットを手に入れた時。

ちなみにthe HIATUSのチケットも今日惨敗したとこ。こっちはどうにかして手に入れたい。ARABAKIでSunburnのAメロに入るところで演奏をやめて「ごめんごめん!できねーや!また今度なー!」と細美が言っていたから、その約束を回収しにいくのだ。ぎゃんばりゅ。

 

■家と部屋

家とは実家のこと。

部屋とは今住んでる家のこと。

やっぱり家は落ち着く。母親の料理はおいしいし父親のワインはおいしいし犬は最近あまり吠えなくなった。3人というか2人と1匹も私も確実に年をとっていくので、できるだけ一緒にいる時間は設けたいものだ。

来月も帰省するけどそのあとは年末…???なんとか11月くらいに帰りたいけど結構交通費かかっちゃうんだよね。むむ。

 

■思い悩んでる

帰省を手に入れる代わりに大事なものを失った。バジルである。

5日間ほったらかしにした結果、見事に枯れた。ちりぢり。一応粘って水を与えて様子を見ているものの、もう無理ではないかと思っている。

まだまだ作りたいバジルレシピもかかえているのに、しょんぼり。しょんぼり。

 

■いいかんじ

ジョギングを始めて1ヶ月ぐらいになる。とはいえ、週2、下手したら天気の関係で週1程度。でもなんとか続けてる。NIKEのアプリを使って走ってて、ちょっとずつ走る距離を伸ばしてタイムを縮めてる。別に早く走れればどうなるわけでもないけど、やっぱり成長を感じるというかちょっと嬉しい。

「自分に少し負荷をかける、それが乗り越えられたらまたちょっと重い負荷をかける」

彼が言ってた言葉です。私の指標にもなってるよ。

 

■夏が来てない

今年はたぶん10年ぶりぐらいに夏フェスにいってない。フェスにいく季節=夏なので、今年は実質夏がない。

そんなのは嫌なので、来月中津川ソーラー武道館にでも行こうかなあ〜と画策中。私が恋に落ちたMONOEYESはいないけれど、あの山の中で涼しい空気の中ライブを見るのはとても気持ちがいいので行こうかなあ〜〜!!!

 

■映画

最近は「ゲットアウト」「メイジーの瞳」を見たよ。今年の6月までは「全然いい映画にめぐりあえない〜」と思っていたのに7月から見た映画はすこぶるいい。そんなときもある。

ゴーヤの下処理があまかった

今週はちゃんと生きた。本当に。

 

■得るものと犠牲にするもの

大体2週間の見通しは立てられるかな?って周期で仕事が入ってくる。木曜は会社の人と飲み、金曜は日本酒会だったから週末を楽しみに今週を始めた。でも月曜の夕方だったか火曜だったかに今週末締め切りの仕事を言い渡され、水曜の朝やってくれって仕事をもらった。

結果的に締め切り通りに終わらせて締めの書類も作ったのだけど、会社の人との飲みが犠牲になった。前日の朝ぐらいに幹事に「ごめんなさいやっぱ行けないです…キャンセル料が必要とか、キャンセルできないのならお金は払うので言ってください…」と連絡を入れた。今の会社は私の知る限り人間関係もよく、楽しくやっている。あまり飲み会もないので、普段喋らない人と喋るいい機会かなと思って開催されるならできるだけ行きたいのだけど…。

とりあえず今週の仕事はそこそこ残業もしてくっだらないミスもしたけどかなりみっちりやった…という自己評価。残業に関しては、私の効率化や慣れが重なればもっとスマートに終わらせることができると思うので、ほんと、経験値積むしかないし同じ轍は踏まないぞと感覚を研ぎ澄ませるしかない。

 

■丁寧に生きる

日本酒会とはいいつつ、とぅいらーで繋がった方とサシ飲みをした。一度会ったことはあるんだけど、5年前に一瞬向き合った程度で、あってないようなものだったのでほぼ初めまして。

4時間以上飲んで、ほぼ酒と料理の話しかしなかった。その方はとても日本酒が好きな方で、自宅でももちろん日本酒を買うしそれに合わせるおつまみを真剣に考えていて、マリアージュを極めようとしいるみたい。

私も日本酒が好きだったけど、あの夜以来「お酒好き」の概念が覆された気がする。

店員さんに料理に合う日本酒を聞きながら食べていたら、本当に料理によって日本酒の味が全然違う…!ということに気づいてしまった。今までは日本酒単品で好きな味だったり、料理の味を邪魔しないものが好きだったのだけど、おつまみを変えることで日本酒自体の味がこんなに違うなんて…!!!と感動した。

奥深し。

これは極めたい。

極めるのは難しいかもしれない、でもこれからはそういう楽しみ方をしていきたいと思った。

あと私は果実酒飲まないけど、ごはんの終盤、デザート的に甘めの果実酒飲むのもいいものだなと思った。お酒をシーンに合わせて変える、なるほど。と思った。

とても楽しかった。ごはんも楽しかったし、その方のとぅいらーでのイメージ通りなところ、イメージ通りのところいろいろあって、トータルで今までの私の知り合いにいないタイプ…!と思った。またお会いしたい。っていうか飲み友になりたい。いろんな店行きたい。

ぶっちゃけ今までお酒は「酔う感覚を楽しむ」方の比率が高くて、マリアージュなんて考えたことがなかったので、今まで勿体無いことしてたのかも。その方、味の感想も独特だしひとつひとつの細かいところも気にして丁寧に生きてるのだなと思った。見習いたい。

と、ここは読んでないと思うので素直なラブコールをしておく〜。仲良くできるといいな。

 

■holidays

さすがに日本酒会で飲みすぎたのか土曜の朝はかるい二日酔い。わりとすぐおさまったけど。最近は二日酔いになる頻度が増えてきた気がするけど、飲む量なのか、年なのか。

午後は三軒茶屋にかき氷を食べに行く。お目当のお店は残念ながら臨時休業で、他のところにいった。ライブバーを間借りしてるお店で、ドラムセットがあったり、大橋トリオが流れてたり、素敵な雰囲気だった。席の数も少なくて、長く居座るところではないけどゆったりと心地よい時間が過ごせた。

夜はジョギング。ジョギングなのであまり早くは走らず、6.5min/kmぐらいで走ってる。まだ数えるほどしか走ってないけどすでに効果?は出ていて、同じ距離走ってても疲れなくなった。継続は力なり。ジョグのためにBluetoothイヤホンも買ったし、続けるぞ。

今期、珍しく日本のドラマを見ている。サバイバルウエディング。自分に重ね合わせてるのかよ、という感じだけど、波瑠の白目の綺麗さと透明感あるツヤ肌が大好きで見てしまう。あんな雰囲気になりたいなあ〜あんなに目は大きくなれないけど。。もうほんとに元カレなんて会っちゃダメなのにダメダメバカ〜〜〜!!!って一人で叫びながら見ている。結婚式までキャンセルにした男なんて2度と合うべきではない。電話かかってきた時点で絶縁宣言するべきだった。柏木王子はイケメンだけど横顔があまり好みじゃないなあと思った。

日曜朝、ジョギングしようと思って5時半に起きたけど既に暑くて断念。ダイエットには朝がいいらしいけどもはや走ってて気持ちいい時間っていつよ、という感じ。

そこから二度寝したり掃除したり図書館行ったりバジル練りこんだパン作ったり映画見たり昼寝したりゴーヤチャンプルーで夏を味わったりいい休日を過ごした。

暑くてクーラーずっとつけてるけど、それでも気分的に暑いのか(?)家用に買ってる氷結がどんどん開いてく。ジュース感覚かよ。

 

■映画を二回見るということ

基本的にいろーーーんな映画が見たいと思っているので、同じ映画を二回見るということはほぼない。そんな時間があるならまだ見ぬ作品を、と思ってる。2週目したいのはいくつかあるんだけど。ただ過去1作品だけ、シンゴジラは映画館で見て、数年後に飛行機でどうしても見るものがなくて2回目見たという経験がある。他は経験なし。

でも今日は世界一嫌いなアナタにの2回目を見た。

私はエミリアクラークが大好きである。1年前に世界一〜を1回目見て、その時は可愛い子だなあ〜と思ってたんだけど今年のはじめにゲームオブスローンズを見て大好きになった。それ以来、もう一回ちゃんと好きになる前に見た作品を見たいとずっと思ってた。それが今日、叶った。

デリケートな内容だから賛否両論がどうのって調べたら出てくるけど、私は少し考え方が違って。デリケートな内容なほどにフィクションとして見て、少しでも軽い気持ちで考え始められるきっかけにする、というのはいい方法なんじゃないかと思ってる。なんだか昨今の(?)腫れ物には触れない、風潮はあまり好きじゃない。ヒリヒリする内容でもまったくの外野が触るきっかけを作るのは悪くないと思う。誰にでも起こりうるし、一部の人間が知ってればいい内容でもないし。

 

それはそれとして。

 

エミリアクラークはやっぱり可愛かった。ますますファンになった。よく動く眉毛とあの大きな口が大好き。可愛い。

相変わらず、ウィルの決心が変わらない場面、ルイーザ(エミリア)が「この仕事ともアナタとも出会わなければよかった」という場面では号泣である。

展開的にはベタかもしれないけど、私はああいう心臓がぎゅっと掴まれて呼吸が苦しくなる瞬間が大好きですね。音楽でも映画でも。

ただこの映画は邦題がまったく好きではない。もう少しいいタイトルないの…。

ああ〜恋愛したいなあ〜と思った。素直に。

 

■サラッと見る映画

今日はもう一本映画を見ていて、ハッピーエンドがかけるまで、というやつ。

リリーコリンズも好き。あのセピア系でまとめてくる髪やメイクの色使い、肌の白さならではだよな。美人。

こちらも恋愛ものだけど、すごくサラッと感情移入する間も無く並行して3つのストーリーが描かれるので、みんな頑張れ…!と健全な気持ちで見れた。

 

まあバランス感覚的にはちょうどいいよね。映画で泣いてばっかりでも疲れるので、感動作とナチュラルに見れる映画といろんなものを見ていければと思う。

 

 

私は〜けどという逆説的な文章の書き方が多い。この記事も最初多かったので直した。別にそれが私の個性なのかもしれんがちょっと気になっちゃう。

美容関連

●脱毛

2015/7〜現在までずっとミュゼに通っている。13回くらいは脱毛していて、完璧とは言わなくても1ヶ月くらいは自己処理しなくてもいいかなあって量まできている。結婚式とかチャントシタイ!と思うときはやる程度。

でも最近、ここにきて、医療脱毛への興味が出て来た。

そんなに体毛が濃いわけではないけど、自己処理めんどくさいし日々の手入れを省きたいなあと思い、美容脱毛を始めた。ミュゼを選んだ理由は、安いから。友人が通っているから。当時は今ほど医療脱毛が安くなく宣伝も少なく、他の美容脱毛の話もあまり聞かなかったので、安いしやってみようかな、という感じ。

今のところ、ミュゼに不満はない。

でもここ数年、安価な医療脱毛が増えてきて、しかもそちらは永久脱毛になるらしいじゃない。美容脱毛はあくまで毛の量を減らすだけで完全な脱毛にはならない、らしい。

私の脱毛に対する目標が明確に定まっているわけではないけれど、やっぱり自己処理ゼロを目指したい。。つるっつるに毛穴まで見えなくなる、までは目指さなくてはいいとは思ってるけど。

ということで、それなら医療脱毛に方向転換するべきなのではないか、と最近ぼんやり考えている。

ミュゼに不満はないとは書いたけれど、3年今まで通ってきてまだ自己処理ゼロには数年かかるって思うと、長いなあ〜満足する毛量になったらやめちゃうかも、と思う。

それに比べて、ちらっと調べたところによると医療脱毛は回数にもよるが1年程度で終わると。今自分がどれぐらいの段階にいるのかわからないけど、もしかしてこれから医療脱毛すれば1,2回で目標地点まで到達できるのでは?とか甘いこと考えてる。

 

ともあれ、今、ミュゼの契約回数は残り2回くらい。今年中には消化できそう。ひとまずそれを全部終わらせてから、それでも毛量がきになるなら次は医療脱毛受ける、っていう道でもいいかな。

きっと今より安価な医療脱毛も出てくると思うし、今分かれ道で決断を強いられてるわけでもない。まだ慌てるような時間じゃない。

 

●ファンデーション

 以前書いた化粧品の評価。

maboroshikaido.hatenablog.com

今、上の記事でいう

オルビス/パーフェクトUVリキッドファンデーション

④INTEGRATE/水ジェリークラッシュ

の2種を使ってる。平日は主に④だけど。

上の記事を書いた時は、③はTゾーンの崩れがすごいし、④も夕方までもつのは厳しいかな〜という評価だった。

でも最近、化粧の順番を見直して、化粧下地を使うことを覚えてから少し評価が変わった。

今までの化粧の順番は

化粧水→乳液→日焼け止め→ファンデーション→フェイスパウダー→...

だった。

もしかして、③と④の評価がいまいちなのって、下地使ってない私のせいなのか?と考え始めてから、化粧下地を使えばヨレが防止できるということを知り、セザンヌ/皮脂テカリ防止下地ピンクベージュを使い始めた。

下地を導入し始めてから、③も前ほど汚く崩れるってことはなくなった。まあ使えるファンデーションまでは持ってこれたかな。④は残念ながらそんなに評価が変わらない。少し崩れがごまかせるかな?やっぱり夏は汗かくし厳しいかなあ〜と思っている。

とりあえず、しばらくこの2種で過ごす。

④は残量がわかりづらいのが難点ですねえ〜もう1ヶ月以上使ってるからそろそろなくなるかな?わからん〜。

タイミング

今週、あまり記憶がない。とかいいつつもう土曜日も半分以上終わってる。

 

仕事。

まあよく注意されたなという印象はあるけど、ケースバイケースだから一個一個失敗して学んでいくしかないし、わからないことは聞くしかないし、良かれと思ってやったことが実は余計なお世話ということもあるし、この経験がPDCAの礎となっていくのである…と思いながら過ごしていた。

最近取引先の人に電話することも多くて、会ったこともない人に「お世話になります」と言って用件を伝えて、声や喋り方の印象で「ああこういう人かもしれないな」など妄想を膨らます。ただ、やっぱり会ったことないとどんな表情で喋ってるのかどんなニュアンスなのか伝わらなくて気持ち悪い。私の精神衛生のためにも一度お会いしたい。

 

フジロック

行ってない。年々行きやすくなってきているのだからあとはエイ!と行くだけなんだけど。でも今年はまじでどの日程見ても「今年はいいかなあ」と思う日ばかり。やっぱりヘッドライナーが行きたい!って思える時に行きたいし、有給もまだ使えないし、「まだ慌てるような時じゃない」でしたね。今年は行ってなくて正解。

去年、一昨年なんかはビョークとかシガーロスとかヘッドライナーで、やっぱり行くなら前年だったのだな、なんてね。

あとはHiatus Kaiyoteはフジ未出演かな?数年のうちに来てほしい。

ただ、私は「フジロックという場所」に憧れていて「海外のバンドを見たい」と思っている。

でも、海外のバンドはフジ以外のフェスやイベントにも出演するし、年何回も来日することもないだろうし、そのへんの兼ね合いが難しいなと思う。じゃあ見たいバンド出るところに行けよって話もあるし。

まあ、行きたい時が行き時なんだなと思ってる。

 

他の夏フェス。

今年マジでどこにも行かない可能性ある。

というかどのフェスも本当に食指が動かなくてびっくり。何度も行ってるライジングでさえ、今年はいいかなあ〜って出演者。せっかく20周年っていうのにね。サマソニも、ロッキンも、一度は行きたい!と思っているものの、やっぱり誰が出演するか、が一番私の中で大事だなと思う。

ケセンは少し、行けばよかったなって思った。でもBKTSでだいぶ満足したからな、とか。

世の中タイミングがすべてですね。

 

読書。

統計学は最強の学問である、何冊かシリーズで出てるけど3冊くらい読んだ。でも最初に読んだ無印のものが一番面白かった気がする。

今週借りて来たもの。

・トコトンやさしい食品添加物の本

・利き脳論

帰省のタイミングに合わせてまた借りたいから今週は控えめ。タイトル見て、いかに面白い本を当てるかっていうのは永遠の課題。

「センスは知識からはじまる」という本が読みたいのだけど、行ってる図書館にはないみたいで、あるところまで出向くか、買うか、どうしようか迷ってる。

 

映画。

セブンを見た。「2度と見たくはないけど、後味悪いああいう気持ちになる映画、嫌いじゃない」と思った。

モーガンフリードマンの愛は努力がいる、という言葉にドキッとした。

無関心は楽だし、響くもの以外には無関心で構わないなとは思ってるけどいつの間にか無関心に全身侵されないように気をつけなければならない。

ブラピはイケメンだなと思った。

最近止めちゃってるけど、スーツというアメリカドラマに出てるパトリックJアダムスもイケメンで好き。ああいう清潔感のある若者が好きだなと思った。みんな好きか。

セブンを見たらドラゴンタトゥーの女かゴーンガールが見たくなったんだけど、アマゾンプライムから外れてて残念だ。

 

アマゾンプライム

プライム会員になってちょうど一年くらい。確かにアマゾンでよく買い物するけど、最近楽天カードも作っちゃったし需要と供給と品質と価格に合点がいけばなんでもいいのでは??と思っている。あんまりプライムを存分に使えてる感じもしない。

ということでプライム会員存続を天秤にかけてる。まだ答えは出ないけど。

でも映画見放題がなくなるのはアレなので、プライム抜けるならNetflixかHuluにでも入ろうかなって思ってる。そのへん、自分のテレビにかじりつく頻度と価格のバランスが難しい。しばらくこのままかな、と思いつつずっとこのままの可能性もなくはない。

 

今日寂しかったこと。

焼肉を予定してたのに台風のせいで流れてしまった。ここから1ヶ月くらいあまり新規の予定が入れられないので、いつ焼肉食べられるかわかんない。寂しい。

また9月は台風の季節だしなあ〜タイミング悪い。

non title

1週間日記。

 

0717Tue

jizue / toeのライブが楽しみすぎてすでにこの人たちばかり聞いている。jizueはBookshelfが好きで、特にintro〜Rain Dogがたまらん!きえちゃんの情動的なピアノがとてもかっこよい。久石譲を感じるタイプのピアノ。たぶん2016年ぶりに見るのかな。toeのワンマンだとすぐにチケット売り切れるイメージだけど、このライブはまだ売り切れてないみたい。なぜだ!客層も2バンドでベクトル違いそうだし、どんなライブになるかとても楽しみなのである。

 

0718Wed

特になにもない。暑いと夏バテするタイプだけど今年はそんなことない。暑いし焼肉食べたい。ということで焼肉食べに行く約束をとりつけた。

 

0719Thu

初めて残業で22時近くまで会社にいた。遅くなった原因はすべてわたし、という感じで、まあ、失敗すると身につくから…ってポジティブに考える。ほんと無駄な時間を過ごしてしまったと結構反省している。

会社からうちまで1時間くらいなんだけど、そうすると帰って23時で洗濯もしたいなあ〜水筒洗ったりしないとなあ〜あと寝る準備〜って考えると22時退社はエンドポイントな気がしている。先輩たちは平気で終電帰りで定時ギリギリに出社ってパターンが多いっぽいけど、一人暮らしだとそうもいかないよね…スケジュール管理頑張ります、という教訓。

 

0720Fri

これから1ヶ月ぐらい仕事バタバタするかも〜という宣告を受ける。こわい。jizue / toeはなんとしてでも行きたいしなんならLOW IQ 01 & TGMXのライブも行きたいのですが叶わぬ夢になってしまうのか。いやだ。なんとかする。

さくっと帰って某アプリで知り合った人と飲みに行く。恋愛云々というよりは異性の飲み仲間が欲しいといっていた。まあ、今後も付き合いますよという感じ。ただ初回で飲みに行っちゃうと飲み友達にしかならない気はした。こういうとこから恋愛に発展する人いるのかな〜と思いながら、別れてから一人、立ち飲み屋に行く。こうして「一人のが楽」「一人でも十分楽しめる」という感覚が養われていってしまう。

よくないねえ〜

よくないのか?

友達に、「恋愛するというより将来の伴侶を見つけるため」と言われたけど、微妙なところだなと考え込んでしまった。だって、恋愛ならドキドキしたいけど伴侶を見つけるならできるだけ一緒にいて穏やかにいられる人がいいじゃない。ドキドキもいずれ薄れてしまって波のない海のような気持ちになるのだろうか〜それが理想な気もするけど、ってなると何年かかかりますね。

人生、どうなるやら。

ただもう少し恋愛もしたい。ときめきたい。

 

0721Sat

友達が家に来る。わたしの家は無駄なものはあまり置かないようにしていて今までもそれが普通だと思っていたのだけど、友達には「こういう部屋もいいね〜!」と言われた。人のセンスは様々である。今度はその子の家にお邪魔する。

夏はゴーヤチャンプルーとナスチリが食べたくって、ゴーヤ98yen/本、ナス120yen/袋くらいで買うのが理想だと思っている。ナスはとりあえずクリアしたけどゴーヤは難しいなあ〜と思って市場調査akaスーパー巡りをしていたら、ゴーヤ安いところ発見。ヤッタネ!

夜は走った。4年くらい走ってない割にはそこそこなタイムかなあ〜5min/km程度にはしていきたい。そして10月にはそこそこ体力をつけたい。

 

0722Sun

朝、7時くらいに暑くて起きる。もう一度寝ようと思うも1時間で起きる。暑い。

クーラーをつけた。

そしてSINGを見た。最初は流し見程度に見てしまうかも、と思っていたけどゾウさんが歌ってるところを見て泣いてしまった。最近本当によく泣くなあ。

そこからまた眠くなって14時半まで寝ていた。毎日、6時間ちょいは寝るようにしてるけど朝は5時くらいに暑くて起きてしまうので、実はあんまり熟睡できてないのかもと思ってる。竹シーツでも買おうかな。クーラーはあまり好きではないので、できるだけつけて寝たくない…電気代もどうなるか怖いしねえ。。

離れる勇気

ストレイテナーは自分で認識してる中でも一番はじめに好きになったバンドだと思う。

でも、最近の活動がいまいちピンとこないでいる。

ライブに行くと楽しかった!よかった!と言ってるのは、本音。でもそれが毎回毎回毎回毎回、前よりも高い温度でその言葉が言えてるわけではない。むしろ、だんだん体感温度は下がってきているようにも思える。

今思うと、Resplendentが最後の、これが本当の最高というやつだ、という気持ちだった気がする。いや、Future Soundtrackはとても良い、と思った。Resplendent以降で一番だ、と思った。それ以前と比べたら?うーん。

ここ1年というか、ここ数ヶ月?彼らはライブのMCで「夢を追いかけて東京に出てきたけど、簡単に今の場所に立てたわけじゃなかった。でもこれまで一緒に歩いてきた仲間や応援してくれた人たちのおかげでここにいる。本当にありがとう。」みたいなことを言うようになった。

今まで言わなかった「今まで平坦な道ではなかった」という発言。

最近、私の好きなバンドも歳をとったせいなのか、〜周年という看板を抱えているからか、今まで言わなかったファンへの感謝とか素直な気持ちを出すようになってきている。

音的に???って思ってるバンドももちろんあるけど、そういうMCの変化も私の違和感を作ってるんだと思う。私は20代の彼らの、有無を言わさない雰囲気とかライブなんだから曲で勝負だ、みたいなところにときめいてここまできた。もちろん年をとると尖った部分がなくなっていくのはわかる。でも、そこから愛想を振りまくようになるというか、毎回毎回のライブで感謝を伝えるところを気にくわないと思い始めている。数年に一回しかライブに来れない人もいるだろうし、毎度毎度見られる人ばっかりじゃないから、言える時に言えることをいわなければならないのはわかる。でも、私の中で好きな部分と彼らの変化がかみ合わなくなってきてる。

 

私は愛着とか執着心とか「ずっと好きだったから」なんてもったいない精神で聞く音楽や行くライブや好きっていう気持ちを使いたくない。

だからこうやって変化が受け入れられない時は素直に離れ時だと思うべきなんだと思う。

 

ついでにテナーは、今回のアルバムこそいいとは思えたけど新潟のライブに行って以来一回も聞いてないし(しばらくいいかなと思ってしまった)、ファン投票のベストアルバムも???って思ったし、テナマニも羨ましいと思ったけど定例化されるのなんて絶対に嫌だと思ったし(バックホーンのマニヘブのマネじゃんと思う)、なんだかピンとこないことばかり。次のツアーも先行外れたら行かなくていいやと思っている。

 

いつからだろうな、ストレイテナーが一番好きって言えなくなってきたのは。

それは他にも素敵な音楽を好きになってきたからだし、ライブの楽しみ方がモッシュをすることから大人見になったからだし、嗜好がちょっとずつ変わってきてるからだし、理由なんていくらでもある。

 

まあこういう時は素直に離れて、またふと出た新譜を聞いて、いいじゃんって思って、久しぶりにライブに行って、こいつらやっぱり最高じゃん!!って思えるのが一番いいんだろうな。

今日に明日を混ぜる

そういえば今年の石井ゆかりさんの年報で、変化が大きい年なのでできれば日記をつけると良いと書いてあったのを思い出したので、ちょいちょいまとめて、もしくは1日ずつ軽く日記をつけようと思う。

基本的に一つのトピックに対してダラダラ書きながら自分の頭を整理していたんだけど、考え方も考え始めてからブログに書くまでの時間が長すぎるとどんどん気持ちが変わって言ってしまって首尾一貫しないことも多々あるので、毎日記録するようにしたい。

 

思い出せる範囲で、6月の終わりくらいから。

 

0630Sat

実家に帰ってBKTSツアーに参加した。6年ぶり。いい番号のチケットを譲ってもらったので最前で見られた。後ろには久しぶりに見かけるアッパーな姉妹。6年ぶりに見たLOSTAGEに心を打たれて帰りにライブ会場かTHROAT RECORDSかFLAKE RECORDSにしか売ってないアルバムを買おう、とするも残金が足りず断念残念。あっという間に終わっちゃったライブだったな。

 

0701Sun

お昼に両親と鰻を食べて帰る。実家には犬がいて、ずっと一緒に過ごしてきたから帰るのは寂しい。犬不足になるので2ヶ月に1回ぐらいは帰省するつもりでいる。

 

0702Mon

会社でセキュリティカードのいるドアが設置される。バンアパブルーノートビルボードツアーで買ったオーディエンスパスに付いてるストラップを使う時が来た。でも首からカード下げてるの邪魔だし肩が凝るし、正直乗り気じゃない。

 

0703Tue

7月8日に戦争の予定が入った。

 

0704Wed

痩せたせいでめちゃくちゃ時計がゆるい。テナーのひなっちが持ってるのと同じ時計をしているんだけど、ユニセックスなせいで元々ベルトの一番小さい穴を使っていたのにもうそれではくるくる回るようになった。新しい時計が欲しい。。時計は常備するタイプ。

 

0706Fri

the HIATUSのチケットが当たらない。東京は平日だしキャパ狭いところだし取れなさそうな気がしたので福岡で申し込んだ。盛岡でも良かったけど、交通費の関係で福岡に。まあ、落ちたんだけど。わっちが入ってからホールツアーやってないし、ビルボードも行ったことがないので座ってゆっくり見るthe HIATUSを味わったことがない。見たいよう。

 

0707Sat

愛すべき木暮栄一の誕生日。ハピバフォーティ!

昼から上野水上音楽堂へrawer than raw x PLAY THINGSを見に行く。rawerといえばTGMXのチャイナブルーカクテルと荒井さんxしのっぴのYA YA YAとChoo-Choo-Trainだったのにちゅーちゅーしか聞けなくて少し寂しかったよ。でも野外で見るライブは好きだな。しのっぴの息子さんもめっちゃかわいかった。奥さんもかわいかった。

夜はそのまま鳥貴族へ。久しぶりに行ったけど本当に安く食べられて気軽。もちろん気合の入った高い店で豪華な料理を食べるのもいいんだけど、本当は気があう友達と美味しくご飯が食べるならどこでもよかったりする。

 

0708Sun

昼は戦争、という名の推しについて語る会。でもそれぞれ推しが違うので、話が噛み合わないというか、そうなんだ〜というばかり。大好きな人を追いかけてる人の話は楽しいですね。

夜はBKTSファイナル。2箇所しか行ってないけど6年ぶりの参加ってのが感慨深い。やはりLOSTAGEに心を打たれた。岩城を好きになってしまった。the band apartは名古屋で見たよりもよかった気がする。コンピに入ってる新曲、ここ5年ぐらいで一番いい。クレメンタインに匹敵する好き度。CBMDはOUTTA HEREで気持ちが止まっているけど、昔の曲をたくさんやってくれて嬉しかった。Chun2はいつになっても変わらない。ASPARAGUSはいつ見てもかっこいい。彼らを好きになったからBKTSに行き始めたし、バンアパを知ることができた。12月のワンマンが楽しみである。

 

0709-0712

大体岩城のことを考えていた。

 

0713Fri

終わるとは思っていなかった仕事が予想外に早く片付いたので来週は違う案件に取りかかれる。すっきりした気持ちで友達を拾って初めてのラコスバーへ。メンチカツがハンバーグそのまま入ってるんですか?ってくらい肉肉しくて美味しかった。あとフーチャンプルーが美味しかった。麩とベーコンともやしと卵をゴーヤチャンプルー的に味付けしてるのかな?うちでもやってみよう。

大阪とか山陽地方で災害が続いている中、私は何もしていなかったのでラコスで募金をした。募金を募ってる団体はたくさんあるけど、どこを信頼していいのか、どこなら確実にそこの人たちに届くのかよくわからなかったので、ここなら信頼できるな、と思えるバンドマンがやってる募金箱に想いを託した。まあ、募金ぐらいしかできないけど。

 

0714Sat

僕のワンダフルライフを見て、半分くらいはずっと泣いてた。犬いいなああああ〜〜〜。

 

0715Sun

アサヒのビール工場見学へ。初めてビールで美味しいと思ったのはスーパードライで大学の時はスーパードライばかり飲んでいた。出来立てだからか、サーバーから出したからなのか缶で飲むときとは味が全然違って興味深かった。お昼も併設のレストランで焼肉を食べながらビール。最高。幸せ。焼肉食べたい。

 

0716Mon

いつも行ってるところとは違う、少し大きい図書館に行った。置いてある本の種類がいつも行ってるところとも、地元の図書館とも違って楽しかった。そして今回借りたラインナップがこちら。

統計学が最強の学問である[実践編]

・時計遺伝子の正体

・奇跡の新素材 プロテオグリカン

・栄養と遺伝子のはなし

最近、フロイトに興味があるんだけど心理学の本って大体300〜400ページあって時も細かい。集中力が続く気がしなくて読み始める勇気が起きない。かといって〜入門みたいな字の大きい本はあまり知識が得られる気もしなくて無駄な時間を過ごしそうだなと感じてしまうので、困るね。出ろ、勇気。

 

毎年、この時期になると、「やっぱりKRF行けばよかったな」と思ってる。でももう5年行ってない。フェスの性質的に、行きたいうちに行くべきなのはわかっているんだ。わかっているんだ。って思って終わらせてるあたり、あまり行きたいわけではないのかな。むむ。