読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会いの場所

nothing

先日街コンなるものに行ってきました。今年の目標は、今までやったことなかったことにチャレンジする、なのです。行ったことない所にも行ってみる。

基本的に保守傾向にあるけど、せっかく生きてるしいつ死ぬのかわかんないし~~と最近思うことが多くて、日常を守ること、前衛的になること、をバランスよくやっていきたいなと考えるようになったのです。

 

その第一弾として街コン。

 

ただ、普通のだと共通点ない人とひたすらしゃべる、っていうイメージがあって、それだと取っ掛かりがつかみにくいのかな、盛り上がれるかな、と心配になったので、今回は趣味コン。趣味が合ってるならその共通点で盛り上がれるだろうしノーマルよりハードル低く行けるかなと思って参加してまいりました。

 

 

感想、特に面白くなかった。

 

反省会、始めます。

 

参加者40人ぐらい(男女半々)で、1テーブル4人、初期設定テーブルで30分。そこから10分ごとに男性は隣のテーブルにスライド式。最初に自己紹介カードを書いて、そこから話題を広げていく感じ。

まあまず思ったのは、10分は短い。それを20人(10回分)って、もう誰と何しゃべったかわからない。この誰が誰だか問題は、友達が他の街コン行ったときにも思ったらしいので、ああいう場にはつきものなのかなと思いました。1人とじっくり、よりも多くの人ととりあえず接する機会を、って考えのスケジュールならそうなりますよね。個人的にはじっくり話したいタイプだからそもそも私のやり方と一致しない説。まあしゃーないな。でもあんまよくないスタイルだと思う!

次に、テーマが広すぎる。これは主催者の人集め精神と、参加者のやる気が見えてくるかな。そりゃ完全一致は難しいと思うし、だから相手の守備範囲にうまく入っていくのが仲良くなってく近道だと思う。でも、10分じゃ無理。だし、相手も「こんなの知らないよね~」みたいなノリで自分も期待してないから、みたいに言われるとこっちも取り付くシマもねえ…。そこで盛り上げるように話を持って行ってくれればいいのに、そこで黙られるとどうすればいいんですか?!って思った。まあそれは、反応してくれない君たちには特に興味ないから、って暗に示してただけなのかもしれないけど。

 

街コンの目的として、友達または恋人候補を見つける、っていうのがあってもはやそれがメインで行われてるイベントだと思ってるんですけど。

何回も蒸し返すけど10分じゃ仲良くなれない。もはや雰囲気だけ見てあとは勝手に話しかける、っていう流れを期待されているのだろうか。

私は目的が見えない行動ほど苦手なことはないんだけど、自分でもなんでこのイベントに参加しているのか、途中から疑問に思えてきて、最後の方流してましたね…。

ただ単にピンと来る人がいなかっただけなのかなあ~。

 

最も個人的な反省点としては酒飲み過ぎたなってこと。もう、飲むために行ったのかって感じ。

恋人に関しては、別に趣味合うってことは条件にはならないな、とも思った。共通点はあくまで話始めるきっかけであって、もっと大事なのは価値観や雰囲気が好きになれるか。むしろ私としては、自分の趣味や好きなものは自分の核であり聖域であって、他人に侵されていいものじゃないんだよね。もちろんそれで盛り上がれる相手なら楽しいかもしれない。でも私は完璧に自分の中で世界が完結してるしだいぶ極められた域にいってると思ってるので、そこに入ってこれる人って相当だぜ?って感じだ。

 

自分が悪かったところもあるけど、もう二度と行かないかなあ~。一応行ったイベントでは、テーブルチェンジごとに連絡先交換タイムがあって、ほとんどの男性とLINE交換したけど、もう使わないしこれどうしよう…。

まあ、自分の中で分かったこともあったから、それが分かっただけ参加する価値があったとしよう。女性は参加費安かったしね!

広告を非表示にする