ビジネス文書検定2級を取得した

今月始め、実務技能検定協会のビジネス文書検定2級を受けてきました。

似たような名前で、全国商業高等学校協会のビジネス実務検定があるんですが、こっちはワープロというかパソコン使っての打ち込み型みたいですね。ビジネス文書検定は全部手書きです。

なぜに手書きを選んだかっていうと、実務技能検定協会がほかにも秘書検定、接遇、電話対応なんかの検定も実施してて実際に社会人向けなのかなって思ったからです。全国商業高等学校協会はなんとなく商業高校の高校生向けなのかななんて思って。まあ簿記とか英検とか社会人になっても受けたり必要だったりな資格ありますけど。

  • 受けたきっかけ

私は技術系の仕事をしていますが、仕事でパソコンを使うことがほとんどありません。毎週の週報とたまに参加するセミナーの報告書程度。ビジネス文書や資料を作ることもないため、漠然と不安を感じていました。

このパソコン時代に、仕事で使わないからといって使えないままでいいのだろうか。

そんな気持ちからMOSのwordとexcelを受け、次は文書の書き方かな、と思ったからです。

あと父親に勧められたのも理由の一つ。最近の若い子は文章書けないからこの資格を受けるよう自分の会社で奨励してる、と言ってたので私も最低限身に付けられるものがあるかな、と思ったからです。

資格の性質的に就職で有利になることはないでしょうけど、私みたいな実務で経験できないからとりあえず資格勉強することで少し知っておきたいなって人はいいのかなと思います。

実際この試験で出てくる文章って、総務の通知とか多いので、事務系の人は結構仕事でそのまま使えたりもするのかななんて思いました。

  • 勉強方法

勉強期間は1ヶ月弱。1日30分~1時間、字をひたすら書きました

漢字変換は特に勉強してないです。社内文書と社外文書の書き取りをメインにボールペン1本使い切るぐらい書きました。

使った教材はこの2冊。

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

ただし、問題集の方は最新版じゃなくって第43~47回の試験問題で、結構前のを使っていました。そんなに大幅に試験内容は変わってませんが、微妙に現在の傾向からは変わってるかなと思ったので、几帳面な方は最新版を使った方がいいのかも。私は、まあどうにかなるだろと思って実際どうにかなったので結果オーライという感じです。

教材の感想ですが、ガイドの内容が少し気になりました。3級を受けた人が1,2級を受けると予想しているのか、「この項目は3級ガイドで説明してあります」というニュアンスが多く、3級受けてない&3級ガイド持ってない私は対策できないところもありました。他に参考書買うのも悔しかったのでネットで調べて何とかしましたけど。それで調べたところは自分でノートにまとめるなり箇条書きにするなりでメモをしました。あとは「基礎的なところは3級ガイドに載っている通りですが、2級だとこんな問題も出ます」的なところもあったかな。この手のは特に調べなくても書いてあるものを覚えればよかったかなと。

  • 試験当日

試験の性質的に女性が多いんだろうと予想してたけど、案外男性も多かったです。私の机(3人掛け)もあとの2人は男性だったし。

退出可能になる時間が開始1時間半後?くらいで、1時間ぐらいで試験自体は終えてしまったのであとの時間が結構しんどかったです…。

  • 結果

格通知が来るのはもう少し先ですが、事前に合否の開示がネットでされてます。私もそれで見ました。

「おめでとうございます!」

点数の内訳教えてくれないんだなあ~それだけなんだなあ~とも思ったけど、合格通知に少しは書いてあるのでしょうか。

 

とりあえずお疲れ様でした。