転職活動そのさん

転職活動の進捗、自分の心情および現在地を確認する儀式。

 

  • 転職活動の進捗

私は、12月まで売れない肉の塊だった。

というか、魅力的な求人がなくて10月11月で応募したのは3,4社ぐらいだったと思う。求人なんてタイミングだよな、と思いつつこのまま今の会社で働き続けなきゃいけなくなるんじゃない?なんて不安を抱きながら悶々としていた。

でも11月末からちょくちょく書類選考には通るようになってきた。応募した会社を改めて調べてみて選考辞退したものもあるけど書類選考の打率は6/20社ってところかないまのところ。

そしてただいま、最終面接1社、一次面接結果待ち1社、一次面接1社。

まあこの3社のうち1社は内定出るんじゃないかなと思っている。

1月から転職市場が活発化ということで、今後また興味のある求人が出てくるかもしれないけど、ひとまず新規応募するのは保留しておいて様子を見るつもり。

 

  • 自分の心情

私は転職活動を始めた当初、働く業界を変えたいと思っていた。

maboroshikaido.hatenablog.com

一次面接を今度受ける会社がその業界なんだけど、志望業界について迷い始めている。

というのも今後の社会の在り方について。

少子高齢化、人口減少、それに伴う労働人口の減少。

そして膨大な量の情報が電子化されて管理されていく。

私の行きたい業界はもろにその流れを取り込もうとしている。

そこで果たして今後、数多くの人間が働ける業界なのだろうか、と疑問が出てきた。

もちろん情報管理する人が必要だけど、きっとそんなに数はいらない。

今、現在は人が足りてないと言われる業界。

でも10年後は?20年後は?って考えると、ずっと仕事があるとはいえない気がしてならない。

実際、その業界で働く友人がいるけど、その子も「うちの会社も20年後はわからない」と言っていた。

いや20年後を見据えられる人なんているのかよ、とも思うんだけど、自分の頭で考えて新しいものを生み出していける「人間」にしか出来ない仕事に就かないといけないんじゃないかなと思い始めている。

どこまでが人工知能やIoTの守備範囲になるのか知らないけど、人間じゃなきゃ出来ない仕事という考え方もしなきゃいけないんじゃないかなと思い始めている。

 

ということで方向性の微調整はちょっとしてる。

 

  • 現在地

会社の辞め時って、考えてしまう。

私は無駄に責任感が強い人間なので、できるだけ自分の今持っている案件は自分で後片付けまでして巣立ちたいと思ってた。

でもきっとそれは無理。会社に所属している以上、折に触れて仕事は降ってくる。

だから最低限、立ち上げから取り組んでる、とある案件は収束させたくて、それが今日、一応収束させられた。

これで心置きなく転職するぞ!という気持ちになれるはずだった。

でも時間が経つたび、選考が進むたびに、この仕事もあの仕事もできれば終わらせたいなあという気持ちがむくむく湧いてくる。私は転職して自分のやりたいことを仕事にするって決めたのに、これから幸せに生きるために転職するはずなのに、なんとなく本当に転職していいのか?と思うところが心の何処かにある。

ただ今の会社の経営や将来性はかなり不透明だし、ここでずっと働くことはできないなという気持ちはかなり強い。

どっちの気持ちも自分に正直な気持ちで、ちょっと板挟みになっている。

まあどこの会社も一緒で良い点も悪い点もある。バランス。

 

それを踏まえた上で「私は今後できるだけ転職したくないけど、今の先行き怪しい会社でいるよりも早く転職してそっちで長く働いていきたい」というのが気持ちのいい着地点。

気を確かに持たなければ〜。