旧声優・好きなドラえもん映画4選

初めて映画館で見たのは、ドラえもん のび太太陽王伝説だったかポケットモンスター ミュウツーの逆襲だったと思う。

 

元々、自宅にはドラえもん映画のVHSがたくさんあったので小さい頃からずっとドラえもんを見てきた。声優が入れ替わってもう10年以上経つけど、新しい声優の映画は一度も見たことなくて私の中でドラえもんは旧声優のままだしワンニャン時空伝で止まってる。

最近、アマゾンプライムに旧声優ドラえもんが追加されていてまた見直している。80年代ドラえもん映画って怖い雰囲気とか敵の気味悪さが好きだなーって思いながら昨日は魔界大冒険を見た。たぶん、近いうちに配信されてる作品は全部見直すと思うけど、今の時点での好きなドラえもん映画を選んでみた。

私は好みが偏ってるし音楽にしても人に勧めるような趣味はしてないから、あくまで自分が好きな作品。順不同。

 

  • 日本誕生

家出のため7万年前の日本に行き、原始人と仲良くなったり戦ったり。

私は動物に弱いのでのび太を親と思って慕うペガグリドラコが好きすぎる…のである…。最後のドラえもんたちのピンチにのび太と動物たちが助けに駆けつけるシーンが最高。そしてその後の別れが悲しい。

役割分担のためにそれぞれを〜大臣って呼ぶとこを見ると、ああ小学生なんだな〜って実感する。

後期更新世なんて言葉、きちんと意味を知ったのは高校くらいだと思うけど、ドラえもんは時々こういう子供向けか?ってくらいしっかり説明してくれるとこがいいよね。

 

  • 南海大冒険

 

宝島へ冒険に出かけるも17世紀にタイムスリップしてしまい本物の海賊と冒険する話。

旧声優終盤の映画では一番好き。図らずも時間犯罪者モノが私は好きなようだ。

ゲストキャラのベティがジャイアンを気に入るっていう新しい風。ドラえもんの四次元ポケットがおかしくなり冴えないひみつ道具しかない中でやりくりして冒険するってのはなかなかいいよね。

Drクロンの合成動物はセンスなさすぎだと思うしイルカニリバイアサンを超えられるとは思わないっていうツッコミをずっと持ちながら何度も見てしまう。

 

  • 宇宙小戦争

小人の星に乗り込んで戦う話。

これ、ドラえもん至上一番怖いというか気味が悪い作品だと思ってる。

特にピリカ星に行ってからのハラハラドキドキポイントの多さ。ドラえもん、もっといい道具持ってるでしょ!と思いながら何度も見てしまう。

動物派としてはロコロコの可愛さ!がイチオシ。こういうお調子者で幸薄い感じがたまらんのである〜スターウォーズでいうC3POみたいな。

 

  • 雲の王国

雲の上に王国作ったら天上人に見つかって地上人ごと滅ぼされそうになる話。

まず、めちゃくちゃ夢があるなと思う。のび太たちが自分たちの好きな世界を作るって映画はたくさんあるけど、日常世界と隣り合わせの楽園っていうところがいい。

ドラえもんが壊れるっていうストーリーはブリキの迷宮でも取り扱ってるけど、雲の王国の方が悲惨な雰囲気はある。壊れたままのび太は次々と問題に対峙しないといけないし、ジャイアンたちとは別行動になってしまう。話としては少し悲しい。

そして、最後に泣ける。ドラえもんが身を呈して天上人の世界を守るところ、その後キー坊に生き返らせてもらうところ。最近涙腺が弱くてかなわんな。

 

 

今回、好きな映画4選っていう中途半端な数にしたのはあと1本選べなかったからです………。決めらんないね。

いつになってもドラえもんはいい。